体の声を聴く

Posted by 岩津麻佳 on 21.2015 5 comments
動物や人の魂だけでなく、内臓、皮膚、細胞等とお話をすることがあります。
疾患のあるクライアントさんの場合、その原因のカギとなる箇所の声が聴こえてきます。内臓そのものであったり、魂、インナーチャイルド、がん細胞、良性の腫瘍などです。

その中でも悪性・良性の腫瘍は皆同じ事を言います。
「今までどんな時もずっと一緒にやってきたじゃない。その私をなんで今さら排除しようとするの?私たちは二人で一つじゃない!」と嘆き悲しみます。

腫瘍はその人自身を攻撃したり、苦しめてやろうとしているのではありません。全くの逆です。助けようと必死に考えた結果、自ら腫瘍になったのです。腫瘍になんか誰もなりたくはありません。でも、身体の持ち主である大好きな人が苦しみ、悲しみ、辛い気持ちで毎日を過ごしている姿を見ていられなくて、「身代わり」となったのです。

何年も何年も悲しみを代わりに背負い、じっと耐えていました。

腫瘍はできる場所で原因が違います。例えば、子宮や胸は女性・母性の象徴。女性や母として過去に傷ついたことが原因というのが多数です。喉、口は言いたいことが言えない、自分を出せない、表現できない、他人の意見を飲み込みたくない=拒否や恐怖。
その部分を強くして助けようとしているのです。大好きな人の力になりたくて。

腫瘍・細胞にも意識はありますが、別ものではなく自分の中の一人です。
腫瘍に「今までありがとう。ずっとずっと私の為に耐えてきてくれて本当にありがとう。あなたのおかげで私はもう大丈夫よ。」と伝えると、排除されるかもしれないと頑なだった腫瘍はふっと力が抜け、そこに優しさや愛情が生まれてきます。
そして、元の細胞に戻りたいという思いも生まれてきます。

腫瘍に話しかけることは、自分自身の癒しと幸せに直結します。

そして、「気づいたということは治る」と天は言っています。

lgf01a201307162000.jpg
HOME 

プロフィール

岩津麻佳

Author:岩津麻佳
神戸・六甲でアニマルコミュニケーションとスピリチュアルカウンセリング・ヒーリング

いわつあさかホームページ
フェリシモ猫部 岩津さんに聞く!

セッションについて

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

ブログ記事内の単語検索

 

Copyright © Animal communication & spiritual counseling in KOBE All Rights Reserved.
Template by:MysticDiary