FC2ブログ

カブを口にしたい

Posted by 岩津麻佳 on 01.2019 2 comments
3日間のクレンズ後、3日経ちそろそろ食材を買いに行こうと思った時、はて?私は今何が食べたいの?と体に問うとかぶせ気味で、カブ!というお返事

いまだお腹ペコペコにはなりませんが、ワクワクして御影クラッセのOrganic Oneに行きました。
体は有機と無農薬にこだわりはないけれど、こちらのお野菜はイキイキしていて大好きなので今お野菜を買うのならここしか考えられないということでお買い物に。
一つ一つのお野菜にエネルギー挨拶と会話をして数種の中から心が合ったカブを購入。
他には黒いジャガイモ、小さな小さなチンゲン菜、ほっそ~い長芋。ルックスも大事です。
人間も動物もお野菜も見た目に全てが現れますね。瞬時の見た目。奥底から放たれるエネルギーなのでしょう。

不思議なことに私はカブが好き!というわけではないんですが(どちらかというと好まない)、体がどうしてもカブをグリルして頂きたいと申すのです。
今までにない、頭や腸ではない部分が欲するものを頂くって新鮮で楽しい

ところで、童話のおおきなカブ。素晴らしいお話ですよね
長年生きていて知恵も力もあるおじいさんだけでは決して抜けないカブ。
地球の仲間である動物たちと力を合わせ、みんなで同じことを願うことで初めて物事が動きだす。
こんなことも意識してカブを頂きます

4834000621_20180323175822_op2.jpg

食べても良い食材にレタスがあるのですが、見ても触れても体が受け付けない。
なんで口に入れたくないのか体に聞くと、細胞のこの部分が合わない!と細胞映像を見せてくれたのですが、念のため検索するとあった~!!!見せてくれた細胞と全く同じ
体って結構細かい好みがあるのね…

自分の原点に戻る体内クレンズ

Posted by 岩津麻佳 on 31.2019 0 comments
念願の体内クレンズに行ってきました。
クレンズ指導してくれる所は多々ありますが、やっとピンときた方に出会えたのです。
この方に全てを委ねたい!と。

食事は美味しいスープと大好きなおかゆさん。一度もペコペコな空腹を感じませんでした。今もそれは続いています。
20190530100638beb.jpg


3日間、とことん体に向き合う輝ける時間。
とことん向き合った結果、本当の自分、体を持たない魂だけの世界に居た私に出会えました。

一番驚いたのが私の食事に対する思い。
なんと食事や食べることに興味はなく、フィーリングの合う食材、惹かれる食材を口にすることによってその食材とコミュニケーションを取っていたのです!コミュニケーションするのが食べる目的でした
その食材のしたかったことをする!と意欲満々の私… 
今までこだわっていた有機栽培や無農薬というカテゴリーを超え、ただ惹かれる食材を口にしたい。

驚いたけど、よくよく振り返ってみれば納得のいくことばかり。
無意識の自分の行動は全て体が求めていたことでした。

これはすべて主宰のゆりさん指導のエネルギーの内観で明らかになったことです。
この内観が新鮮でおもしろくて楽しくて!この感覚は決して衰えないよう毎日実践していこうと決めました。

期間中に初めてヨガもしたのですが、シャバアーサナ・屍のポーズが圧巻。
体も、今の私も、家族も友達も名前も体もお金も家も、ありとあらゆるものを全て手放すとなんというすばらしい世界
私はこれを求めていたの!これこれ!これなの~!と魂だけの歓びだけの状態になり、原点を確認することができました。
何ものでもない幸せ、何ものでもない歓び、そこには愛=光しかありませんでした あ~興奮してきた

提携されている宇宙な鍼灸院で全部をチェックして頂き、そこでもまた自分を深く広く知ることに…
そしてお勧めのアロママッサージサロンにも行ったのですが、ここもすごかった
女性という私と動物や動物界との関係を見直すきっかけを頂きました。

20190530100654b64.jpg

詳しく書いたらブログ10回分くらいになるので超簡単に書きましたが、もっと知りたい方は私と会った時に聞いてくださいね。もしくはすぐにクレンズに行ってください

今回お世話になったのはこちら
ジブリアニメに出てくる女の子がそのまま大人になったような底抜けの魅力(使い方合ってるかな)のある方です。
ゆりさんLOVE
20190530100713a6e.jpg

季節ごとに行けたら最高!全日本人に行ってもらいたいくらいです 行けば行くほど日本は変わる。うん、間違いない。
201905301006450db.jpg

しばらく食事にちょっと制限があるので、お誘いには行けないかもしれませんが細胞の光化を目指しているのでご容赦を

体の声を聴く

Posted by 岩津麻佳 on 21.2015 5 comments
動物や人の魂だけでなく、内臓、皮膚、細胞等とお話をすることがあります。
疾患のあるクライアントさんの場合、その原因のカギとなる箇所の声が聴こえてきます。内臓そのものであったり、魂、インナーチャイルド、がん細胞、良性の腫瘍などです。

その中でも悪性・良性の腫瘍は皆同じ事を言います。
「今までどんな時もずっと一緒にやってきたじゃない。その私をなんで今さら排除しようとするの?私たちは二人で一つじゃない!」と嘆き悲しみます。

腫瘍はその人自身を攻撃したり、苦しめてやろうとしているのではありません。全くの逆です。助けようと必死に考えた結果、自ら腫瘍になったのです。腫瘍になんか誰もなりたくはありません。でも、身体の持ち主である大好きな人が苦しみ、悲しみ、辛い気持ちで毎日を過ごしている姿を見ていられなくて、「身代わり」となったのです。

何年も何年も悲しみを代わりに背負い、じっと耐えていました。

腫瘍はできる場所で原因が違います。例えば、子宮や胸は女性・母性の象徴。女性や母として過去に傷ついたことが原因というのが多数です。喉、口は言いたいことが言えない、自分を出せない、表現できない、他人の意見を飲み込みたくない=拒否や恐怖。
その部分を強くして助けようとしているのです。大好きな人の力になりたくて。

腫瘍・細胞にも意識はありますが、別ものではなく自分の中の一人です。
腫瘍に「今までありがとう。ずっとずっと私の為に耐えてきてくれて本当にありがとう。あなたのおかげで私はもう大丈夫よ。」と伝えると、排除されるかもしれないと頑なだった腫瘍はふっと力が抜け、そこに優しさや愛情が生まれてきます。
そして、元の細胞に戻りたいという思いも生まれてきます。

腫瘍に話しかけることは、自分自身の癒しと幸せに直結します。

そして、「気づいたということは治る」と天は言っています。

lgf01a201307162000.jpg
HOME 

プロフィール

セッションについて

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

ブログ記事内の単語検索

 

Copyright © Animal & spirit communication in KOBE All Rights Reserved.
Template by:MysticDiary