FC2ブログ

はじまりのクラスのご感想

Posted by 岩津麻佳 on 07.2018 4 comments
はじまりクラスのご感想を頂きましたので皆さんにシェアさせてくださいね

神戸から帰った翌日の朝、はじまりのクラスで「お馬の世界にも行ってみて」と言われたことを思い出してお馬の世界に行ってみることにしました。
でもお馬の世界に行くにはどうすればいいのかが分からず、神戸大学で見たお馬たちを思い出して連れて行ってほしいと頼んでみたり、教えていただいた木の中に入る瞑想や自分の光をお腹に集める瞑想をしたり。訳が分からないなりに色々試行錯誤してみました。

思いついたことを次々試してみましたが、お馬の世界と全く繋がることができなくてどうすればいいのか途方に暮れて諦めようかと思った時、目の前に白いペガサスが現れて気づくと私は真っ白な靄がかかったような世界にいました。
そこにいるのはペガサスと私だけ。他は何も見えませんでした。

しばらくして目を凝らすとずっと向こうの方に何かが集まっているようなぼんやりした影が見えました。
あれは沢山の馬の影?ここはお馬の世界?
影に向かって呼びかけても何の反応もなく、ペガサスはただ横に立っているだけ。

またもどうすればいいのか分からなくなった私は、何を思ったのか再び木の中に入って地球と繋がり、自分の光を集める瞑想で気持ちを整えてから微かに見える遠くの集団に大声で宣言しました。

「はじまりのクラスでみなさんのことを教えてもらいました。
動植物が私たち人間の事をどれほど深く思ってくれているのかを知りました。
動物や植物、鉱物など多くの生命が自己犠牲も厭わないほどの深い慈愛に満ちた想いを私たちに向けてくれていることをもっと多くの人に伝えられればこの世はもっとずっと素晴らしい世界になるんじゃないかと思います。
だから私も岩津さんのようにみなさんの優しさや愛情を他の人たちに伝えられる人になりたいです。そのために力を貸していただけませんか?」

どうしてそこで、そのタイミングで宣言したのか、自分でもよく分かりませんが大きな声で叫びました。聞こえているのかいないのか、誰からも答えはなく、まったくの無反応。

でもACのクラスで待つことが大切だと教わったことを思いだして、そのまま暫く待っていると私の顔のまわりに突然沢山の馬の顔が現れました。
気づいた時には何頭もの馬の鼻が近くにあって、私の顔を舐めたり、においを嗅いだり、頬ずりしたり、私はあっという間に何頭ものお馬さんたちに囲まれていました。

いつの間にどこから来たのかと驚いていると、私がお腹に集めた光を覗きこんでいるようにみんなの鼻先が私のお腹のあたりに集まり、何かがゴトッと落ちました。
お腹の光の中を覗いてみるとスプーンのような形のものが見えましたが何か分からず、「何?」と尋ねると、ぼやけていた物の姿がはっきり見えるようになりました。
金のマイクでした。

誰かに「これを使って呼び出しなさい」と言われた気がしました。
なんだかクラブのホステスさんの指名みたいだと思いながら(←失礼ですね)
「名前も知らないのにどうやって呼ぶの?」と聞くと、
「ここには仲間が大勢いるんだ。性格も適性もそれぞれ違う。だから名前を呼ぶ必要はない。こうしてほしい、こうしたいんだと伝えるだけでいい。そうすればその時々で最適な馬が現れる。試してごらん」

その時何故か分かりませんが、私はすかさず「自信がない」と答えていました。
すると今度は私がこの言葉を言い終わるか終らないかのうちに、たくさんの馬たちの姿が消え、濃い栗毛色の大きな体格のオスの馬が1頭現れました。
優しそうな茶色の丸い目で私を見て「自分がついているから大丈夫」そう言ってくれている気がしました。
その馬は確かにずっしりした体格で頼りがいがありそうな風貌でした。

「それだけじゃなく、進んでいくのが怖い気もします」こんな言葉も口をついて出てきました。
すると今度は私のまわりにぞろぞろお馬さんたちが集まってきてくれて、「一緒にいるから大丈夫」と勇気づけてくれました。

栗毛色のお馬も「いつも一緒にいるから」と言ってくれたのですが私は素直じゃなくて、「いつもって、どこへでも一緒に来てくれるわけじゃないのに?もし水の中だったら?無理だよね!?」(なんだか失礼なことを沢山言っていますね、私。申し訳ないです。)

「そんなことないさ。「河馬」っていうだろ?だから水の中だってへっちゃらだよ」
そう話す栗毛さんを見上げると、確かに顔がカバに似ているような・・・(←これも失礼ですが f(^^;))
そして私は栗毛さんが一緒にいてくれることをとても心強く思いました。こんなやりとりの後、私はみんなと別れ、ペガサスさんに付き添われて帰ってきました。

どうしてお土産がマイクだったのか、後で疑問に思いました。
私は自分の声が好きではなく、マイクに通した自分の声なんて“とんでもない!”と思ってしまう方です。だからカラオケも苦手。マイクで話すことにもかなり抵抗があります。
そんな私にマイクなんて。

それを克服して自信を持ちなさいという意味があるのか、それとも最初の私の宣言した声があまりに小さすぎて聞こえなかったからただ声が届きやすいようにとマイクをくれただけなのか。
あれから何度か使ってみましたが、今のところマイクを使っても自分の声が苦になることはないようなのでやっぱり聞こえにくかったからかもしれませんね。

自ら金のマイクを使ったのはその翌日です。
私は普段から仕事がある日はストレスがたまり、どうしてもイライラしてしまいます。
そんな自分が嫌で「イライラして怒りでいっぱいになってしまう自分をどうにかしたいです。」と話してみました。
すると真っ白で伊勢神宮の外宮で出会った神馬にそっくりなお馬さんが出てきてくれました。
優しそうで清らかで。そんな彼女を見ていたら、イライラがスーッと消えてしまいました。彼女は雪ちゃんというそうです。
(一部抜粋)

なんてステキなお土産と気づき
お馬の世界が誇らしく(私たちのお仲間ですから)、こうしてご報告を頂けたことがとても嬉しいです。

地球上の命あるものが私たち人間をどれほど大切にしてくれているかを皆さんにお伝えできることは私の歓びですが、クラスに参加された方が更に周りの方に伝えたいと思って頂けることは本当に本当に嬉しいです。

それぞれがそれぞれに歩む道・進む旅ですが、いつも皆が、仲間がいる。

すてきなご報告ありがとうございます

昨日のはじまりのクラス

Posted by 岩津麻佳 on 31.2018 0 comments
昨日のはじまりのクラス参加者さんは猫を愛する方々でした。
外で暮らす猫と家が好きな猫のこと、TNRのこと、エサやりのこと等々みんなで熱く語り合いました。

猫含め、動物たちの愛は人間のそれをはるかに超え、私たちには理解しがたい場合もあります。理解できなくても、想像できなくてもそれがその種の愛。
理解することが目的ではなく、「知る」ことがはじまりのクラスです。
知ることで始まるのです。

動物たちの愛は想像を超えるもの。
動物や自然界へ向ける目が変わってくるかもしれません。
そして、それに伴い見えるものも変わってくることでしょう。

はじまりのクラスは以下の3つを柱に、自然界や目に見えない世界が教えてくれたこと・私たち人間に望むことを元に、真の自分へと還る旅路のはじまりとなる2時間です。

①すべてを受け入れありのままの自分で生きていく。
②あなたがどんなに大切な存在でどんなに愛されているかを知り自信を持って生きていく。
③あなたはなぜこの世に生まれてきたのかを再確認して皆と共に生きていく。

次回のはじまりのクラスは3/18(日)→
2名様よりプライベートクラスも承っております。

20180131113714527.jpg

人間のいない地球

Posted by 岩津麻佳 on 23.2017 6 comments
人間が存在しない地球は太古からの美しさを保っているでしょうか?皆平和に笑顔で暮らしているでしょうか?
はい。美しいかもしれませんし平和かもしれません

はじまりのクラスでは、動植物たちが命がけで人間の為に働きかけてくれている現実をお話します。
この命がけの私たちへの想いと、どんなに地球上の仲間たちから愛されているかを知ると、人間がいなくなれば…という気持ちはなくなるはずです。動物たちのことが大好きならば。

大好きな動物・植物の想いに応えるには、役に立つには、自分の生を生き抜くことです。

天寿を全うした時に、堂々と胸を張ってこの世でのこと、土産話を先に旅立った仲間たちに話そう。命がけで支え続けてくれたみんなにありがとうを伝えたい。と私は思うのです。

20171123094830785.jpg

クイーンメドウさんのFacebookで今回のリトリートを紹介して頂きました 
ありがとうございます。

はじまりのクラス ~自分に還る旅へ~ の3つの柱

Posted by 岩津麻佳 on 11.2017 6 comments
ようやくはじまりのクラスの概要をまとめることができました。
自分の余裕のなさに反省… お待たせしてすみません

①すべてを受け入れありのままの自分で生きていく。
②あなたがどんなに大切な存在でどんなに愛されているかを知り自信を持って生きていく。
③あなたはなぜこの世に生まれてきたのかを再確認して皆と共に生きていく。

~ 以上の3つを携えてはじまる旅の第一歩となるクラスです ~


■開催人数 2名~8名
■クラス所要時間:2時間~2.5時間
■日程 スケジュールをご覧ください

■持ち物 あなたと共に旅を歩むアニマルパートナーのプリントしたお写真(植物、石も可)、筆記用具
アニマルパートナーが選びきれない場合はすべての候補をお持ち下さい。一緒に選びましょう。

受講料:¥22,000(再受講¥12,000)
※六甲では当日のお支払いでお願いします
※東京など六甲以外の講座では別途会場費等の諸経費を頂きます
※受講後の返金は致しかねます


HPのメニュー欄にも近日中に追加します。
クラスを始めることになったきっかけ、動物たちの役目、旅立ち前の注意事項、地に足をつける為のおすすめの瞑想、馬界からの旅立ちへの祝辞と手土産等々がぎゅぎゅっと2時間に詰まってます

201711111738024fb.jpg

はじまりのクラスの嬉しいご感想頂きました

Posted by 岩津麻佳 on 29.2017 4 comments
はじまりのクラスの嬉しいご感想頂きましたのでみなさんに一部シェアさせてくださいね

『先日はお馬の講座、とってもとっても楽しかったです、ありがとうございました!
いただいて帰ったお土産、私のは羽根ぼうきでしたよ^^
自分にくっついた自分以外のものやエネルギーを全て払い落としてくれるそうです。
羽根は飛び立って自由に人生を生きていくことの象徴で、常にそのことを忘れないでほしいという思いからだそうです。

クラスで言われた「感謝することは受け取ること」という言葉がとても残っていて、
言われたとおり、寝る前に見えない存在も含めて一人一人に感謝するようにしています。
受け取ることがとっても苦手だったのは、受け入れると利用されたり踏みにじられたり裏切られるんじゃないか、という不信感が根っこにあったことがわかりました。
この不信感を消すために、受け入れることを少しずつして行こうと決めました。

「ピュアさは弱さではない」というメッセージが聞こえたような気がしました。
純粋であると利用されたり踏みにじられたりすることも多く、それはとても弱く見えるかもしれない。
しかし本当に弱い者とは純粋な存在を支配し乱暴に扱わずにはいられない者の方であり、したがってそこに被害者は存在しない。
と言われました。
この言葉を聞いて「そうだったのか」ととても晴れ晴れと納得することができ、傷ついた自分の心まで癒されるようでした。

でもやられっぱなしになるのでは?と疑問だったのですが、昨日、「純粋さをもっと高めてその光を強めることで暴力や支配を超えていけばいい」と言われました(誰かは知りませんが^^;)。
一見弱そうに見える純粋さの光が最も強いからだそうです。けれどそのためには半端な純粋さではダメなようです。

おかげで私は自分自身の支配と被支配のトラウマを癒やすことができました。
今後はもっと自分に優しくなれるような気がしています。
「被害者」であり続けることは、自分をずっと傷つけ続けることだし、「どうしてあの時反撃できなかったの?どうしてされるがままになってしまったの?あんなことをされたのは私が悪かったからだ」とずっとずっと自分を恥じて許せない状態であり続けることだからです。
私が私に厳しかったのは、「被害者」である自分を許せなかったからだったんだと思います。

私もまだまだ乗り越えなければならないことがありますが、一つ一つ進んでいこうと思います。ありがとうございました。』


このご感想を頂いて嬉し涙がこぼれました。
AC講座に比べると参加希望者さんはのんびりペースでまだまだ少ないのですが、じっくり一歩一歩進むべきはじまりの旅はこれでいいんだと確信しました。
クラスを始めてよかった

純粋であること。これは何ものにも決して侵されることはありません。
純粋な人の内にある強さ。そこから発する光やエネルギー、影響力。強く美しく周りを照らし続けます。

そうそう。冒頭にあるお土産の羽根ぼうき。
これはクラスメイトさんが旅立ち前にお馬界から一人一人に頂ける、自分に還る旅に必須の携行品なんです。
クラスメイトの皆さん、来年はクラス会開きますので旅の土産話聞かせて下さいね。

年内のクラスは11/29六甲と12/7新宿に空きがあります

昨日は親友ヒロインとひたすら抱き合って過ごしました
20171029123804472.jpg
HOME 

プロフィール

セッションについて

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

ブログ記事内の単語検索

 

Copyright © Animal & spirit communication in KOBE All Rights Reserved.
Template by:MysticDiary