FC2ブログ

カマンとのこと

Posted by 岩津麻佳 on 06.2018 0 comments
カマン、わたしがあなたのこと大切に大切に思ってることは伝わってる?
「うん」
カマン、わたしがあなたのことだ―いすきなことは伝わってる?
「うん」

じっくりゆっくり「うん」と答えてくれたカマン。

昨年末にお迎えして8か月経ち、ようやくこうして揺るぎなく信じてもらえるようになりました。
どっしりした信頼関係が基本にあると、会話もお願いも相談もよりスムースになることに気付きました。
対等な関係、家族として自信を持った行動、表情にもなりました。

動物家族との関係構築は自分自身が磨かれます。

20180802165539c68.jpg

ヤスミンの避妊手術

Posted by 岩津麻佳 on 10.2018 0 comments
7/9にヤスミンの避妊手術、無事終了しました。
ヤスミンは手術をしなければならい、避けて通れないことはわかってはいましたが、私の手術に対する不安がそのまま伝わってしまい不安になっていました。

「大丈夫よ。安心して。」と言っている私がぶるぶる震えていたら安心なんてできませんよね
震えてはいませんでしたが、痛みや負担を思うとどうしても100%の笑顔で「大丈夫よ」とは言えませんでした。

心の師である神の手先生に私がヤスミンにできることは何でしょう?と相談したところ、
「あなたが心穏やかであること。いつも言ってるやろ。心は常に平坦でって。」
そして、「考えてみ。お母さんが不安でしょうがなかったら子供はどう思う?」とも言われました。

よくよくわかる例えでした。
私自身が子供だったらと想像してはっとしました。
お母さんが痛い怖いと泣く子供を、母性の包容力と優しい笑顔で「大丈夫、大丈夫」と抱きしめると痛みは緩和されます。
お母さんに言われる「痛いの痛いの飛んでいけ~」と一緒ですね。

話に納得でき、頭と心がすっきり晴れると、
「これであなたの愛棒は安心しますね。あなたも勉強になったね。」とやさしい笑顔の神の手先生。

完全にすべてを受け入れて大丈夫と思え、心からの笑顔で手術当日は送り迎えができました。術後もとても穏やかに時が流れています。

一歩成長できました。
神の手先生、ヤスミン、ありがとうございます。
応援とアドバイスを下さった多くの皆さんに感謝しております

ヤスミンが病院にいる間、迎えた頃の甘えん坊の男の子に戻ったカマン
20180710165121bfd.jpg

相手を信じること

Posted by 岩津麻佳 on 03.2018 10 comments
昨日は鍼治療の獣医師さんにカマンを診に来て頂きました。
お部屋にお通しすると、私の体調をずばり。
この1週間カマンの調子が良くなかったので連続した睡眠が取れておらず、昨日は酷い状態でした。

なぜ私の体調のことを言われるのか。ちゃんと理由があります。
それは家族である動物たちと私は繋がっているから。
私がしんどいと動物家族もしんどいのです

じっくりと時間をかけて私とカマンのことを聞かれます。
体のいろいろのエネルギーチェック後に鍼治療。
カマンはじっと受けていました。

先生が来られる前にカマンには説明し、必要と思うのならキャリーに入って待機してほしいと伝えるとすんなり入ってくれたので、カマン自身が必要と思ったようです。

先生には心配し過ぎと言われました。
カマンが落ち着かないと・・・

そこで私は気づいたのです。
心配し過ぎる、過保護ということは相手を信じていないことだと
そして、信じていないということは信じてもらえてない

カマンの生命力、カマン自身の治癒力を信じる。
私の心配は無用。というか邪魔をしてる・・・

去年迎えた子が肝臓の病気であっという間に逝ってしまったので、ちょとしたことが気になってしょうがないという話を先生にすると、「前の子は前の子。リセットしましょう。信じましょう。」と。

仰る通りです。目が覚めました。
カマンは治療の必要が無いほど元気でしたが(体を整えるためにして頂きました)、きっとこれを先生から私に言ってほしかったのでしょう。

先生が帰られてから、カマンはいつもは絶対に触らせてくれない部分を長時間触らせてくれました
これが信頼し合うことなんだと胸がいっぱい。

ヤスミンの方がいろんな意味で強いのですが、カマンはお兄ちゃんとして、私を守るナイトとしてがんばってくれています。
強い妹ヤスミンにそれを全部任せて私に甘えたりとのんびり暮らしていたらカマンはもっともっと元気になるでしょう。
ですが、それはカマンもわかっているけどしない。
それがカマンの役目であり、生き甲斐であるから。

お役目を放棄したらカマンは寿命が延びるのかもしれませんが、それを望むのはカマンの全部を否定していること。
その命、その想い、ありがたく頂戴します。

いい先生と出会えました。
カマンの目は野良時代の猫風邪の影響で、今年でまだ2歳なので年齢と共に抵抗力がついていくでしょう。ということです。
体調や病気に軽い重いの程度はありますが、相手の力を信じることはすべてに通じる根底の部分。
もちろん自分自身の力も

口がひとつなのに耳がふたつある意味は何でしょうね。はい、聞くためです
201806031539471c3.jpg

カマンより

Posted by 岩津麻佳 on 29.2018 10 comments
ここ数日カマンの体調が思わしくなく、昨日は朝一番に動物病院に駆け込んだりと慌ただしい日々でした。
点滴等で体調が落ち着いたカマンと帰宅後に寝室で休んでいると、突然むくっと起き上がり私の目の前に顔を近づけるカマン。

まばたき一つせずじーっと私の目を見てしばらくすると、
「大切にしてくれてありがとう」と一言。

突然のこの言葉に驚くと同時に胸がいっぱいに。
「こちらこそありがとう」と言うのが精いっぱい。

まさか動物病院に行った後にこんな言葉がもらえるなんて思ってもみなかったので嬉しいのとほっとしたのとで涙涙

季節の変わり目は体調崩しやすいですね。
カマンは少しずつ少しずつ良くなっています

201805291636147ca.jpg

カマン語録

Posted by 岩津麻佳 on 05.2018 6 comments
昨年12月から家族となったカマンの印象的な言葉の数々です

男性の業者さんがお部屋で作業している姿を見てベッドの中から覗き、
「この家も男くるんか…」
カマンは男性があまり好きではなく男性に厳しいです。「より」きれいな女性が大好きということが観察の結果判明しました

お化粧をした後にカマンに見てもらい「キレイになった?」と尋ねると、「あんまり…」
カマンのキレイの基準はなんなんだろう やはり顔中に毛があることは必須なのかしら。

来て間もない頃おそるおそるカマンの体をブラッシングしていると、「へたくそ」
へこたれず日々がんばってます

寝る前に、「ぼくたちの部屋に行こう」と寝室に入って行きました。
寝室はカマンと私のお部屋なんですね

猫は人間が入ったお風呂のお湯が好きだと聞いたので湯桶に汲んで置くとすぐに近づいてきました。
やっぱり好きなんだ!と見ていると、「うっわっ!なんだこれ!?」
ばっちいと聞こえたような聞こえないような

ぽかぽか陽気の中お昼寝している時のこと。寝返りうちながら、
「なんでこんなに眠いんだろ」
猫はとにかく寝る生き物と言う印象ですが、それが当たり前ではなく猫自身も自分の限りない眠気に疑問を抱くのでしょうか

20180505100745da7.jpg
HOME 

プロフィール

セッションについて

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

ブログ記事内の単語検索

 

Copyright © Animal & spirit communication in KOBE All Rights Reserved.
Template by:MysticDiary