FC2ブログ

動物の心に入る

Posted by 岩津麻佳 on 15.2018 0 comments
先日のTV志村動物園でペット探偵さんの猫捜索が放映されており最後の方だけ観たのですが、飼い主さんが探していた猫を抱き上げてそろりそろりと家に入るまで、完全に息を止めていた私です。
そして無事に帰宅し飼い主さんが涙を流して玄関から出て来られた時、良かった良かった!と飼い主さんと一緒にボロボロ泣き

私も動物家族の捜索に携わることがありますが、感情的になっていては情報と動物からの信頼を得れないのでいつも心をフラットに気持ちと情報を得ることに徹しています。
なのでこうして感情移入して捜索を観るのは初めて。と一泣きした後に気付きました。

話は変わりますが、私が今まで受けた捜索はその大半が家出です。
思うことがあり動物たちは出て行っています。
一生の岐路として動物が決心した旅立ちとしての家出ならば帰って来てもらうのは難しいかもしれませんが、気持ちをわかってほしくての家出の場合は話し合いと飼い主さんの覚悟次第で帰ってきています。

家出に至らぬよう、毎日の動物家族との意思疎通、配慮は大切にしたいですね。
家出も辛いですが、ストレスから病気を発症する場合もあります。
どうかどうかそうならないように、今目の前にいる動物家族を大切に、そして何よりわたし達と同じように心があることを忘れないでください。

人間が先住の動物に甘えてしまい(大丈夫だろう、受け入れてくれるだろうという思い)多頭飼育になった結果、家出や病気になったケースもとても多いです。

またまたTVの話題に戻りますが、坂上忍さんが動物王国を作りたいとムツゴロウさんに相談しに行かれた番組でのムツゴロウさんのアドバイスは興味深いお話でした。

命の責任を取る。勉強をする。動物の心に入る。

これは動物王国をつくる場合だけではなく、一頭の動物と共に暮す場合も必要なことですね。
責任という一言には、勉強・環境・気持ち・お金等の一生分の命の尊厳の為のすべてが入っているのだと思います。

動物と、生き物との暮しは豊かそのもの。歓びそのもの。
迎えるということはその命を頂いていること。今日も、明日もこれからも、それを胸に生きる。

なんだかとりとめのない話になりましたが、今日も読んで頂きありがとうございました

一緒に暮らして10ヵ月のカマン。最近大きな声を上げて自己主張するようになり、嬉しい半面言い争いになることもしばしば でも、眠る前には仲直り!が我が家の決め事です。
20181014090235d83.jpg

動物の捜索

Posted by 岩津麻佳 on 08.2018 2 comments
動物の捜索という依頼を受け始めて4年半。
たったの4年半ですが、これほど心が鍛えられるアニマルコミュニケーションは今のところありません。

アニマルコミュニケーターは人と動物の間に入りお互いの気持ちを伝えるのがお仕事。
動物とお話をするだけではなく、それをお伝えすることがお役目です。
中立なる立場と客観的な視野がセッションを左右します。

自分(自我)を無くすこと。

人間側ばかりに立ってしまうと動物の信頼を欠してしまい、動物側ばかりに立ってしまうと依頼者さんの信頼を失う。
何よりお伝えして受け入れてもらわないことにはアニマルコミュニケーションの意味がないのではないかと思います。

アニマルコミュニケーターは依頼者さんの気持ちも動物の気持ちも同じようにわかります。
そして動物が大好き。(もちろん人も)
大好きな動物の捜索は悲しいこと、辛いこと、怒り、焦り等々挙げきれない数々の感情が入り乱れます。
それを全て受け入れ、受け取った上での中立な双方との対話です。

どんなに悲しくとも、どんなにやりきれなくとも、どんなに辛くても中立であること。中庸であること。

捜索を始めて半年の頃。
自分と依頼者さんの感情の波に飲み込まれてしまいあまりに辛くもう辞めようと思いましたが、ある猫さんから「やめないで!」と言われ今日まで続いています。
この言葉のおかげでずいぶん鍛えられ磨かれました。

信頼してご依頼を下さる方と信頼して心の内を明かしてくれる動物たちに感謝すると共に、一回一回のご依頼を全身全霊で行うための一時一時の精進は欠かせません。

主宰するアニマルコミュニケーション講座を受講されアニマルコミュニケーターとして活動されている方へ、共に磨かれ共に進みましょう

20180908101503143.jpg

3ヵ月間のAC鍛錬組

Posted by 岩津麻佳 on 06.2018 0 comments
3ヵ月間のAC鍛錬組、先月末で無事に終了しました。
56名の皆さん、本当に本当にありがとうございました。

最後の3日間の宿題はこちらでした。
☆目に入るすべてに感謝と挨拶・声掛けをする
☆神様と自分に感謝

光、太陽、雲、空、風、星、月、海、山、香り、水、体、人、物、等々、すべてに声をかけてください。
今いるこの地球、この土地、この体をただただ実感して下さい。
体がある今だからできること、目に入るものを大切にする。
「今」の実感と感謝です。今を生きること。
神様と私たちには同じエネルギーが流れています。(人間は神の子どもたちとも言いますね)
決して遠い存在ではありません。
神様に感謝は、自分自身に感謝と同じです。
ありとあらゆることを私たちは神様と共有していることを感じて下さい。

こんな感じで宿題を期間を決めて出し、それを日々行っていくという鍛錬です。
まじめに、素直に、まっすぐに取り組んで頂き、感謝で胸がいっぱいです。

終了後にたくさんの感想を頂きました。

明日からの宿題見て泣けてきました。
最近、感謝されたり、感謝してる時に感動?身体が震えるような感覚です…
私が私で生きてきて、いろんなもの、ひと、ことに出会えてありがたくて幸せです。
ともに歩んでる人がいることにも感動です。

幸せな三ヶ月をありがとうございました!
みなさんとこうして一緒に課題に取り組めたおかげで、自分が一人ではないことを改めてしっかりと確認することができました

この3ヶ月は、自分、他者、種族を越えた存在と、どのように向き合い、ともに歩んでゆくかについて学んだ貴重な時間でした。
ここでの気付きを大切に、これからも役立ててゆきたいと思います

こちらでみなさんと繋がれたこと、本当に貴重な時間でした!学びもたくさんありました!視点が変わりました。
特に最後の3日間は、自分ではもう乗り越えたと思っていた過去の記憶が出てきて、また自分を見つめる機会をもらいました。
そして、また軽くなることができました!その甲斐あって?今朝は、うちに来てくれた猫ちゃんたちがにゃーにゃーたくさんお話?してくれました!(笑

それから、改めて今朝思いました!私はACが好き。ACが楽しい。ACをもっともっとできるようになりたい。
なので、これからも宿題をし続けようと思います。

最後3日間は特に濃い時間でした。
すれ違う人々にありがとうと心の中で言ってたら、スマホに集中してる人や怒ってる人まで愛おしくなってました。
そして、今日の見えてる世界がいつもと違う!!

貴重な学びと仲間のみなさんに出会えたことが私にとって一生の宝となりました。

課題のおかげで、世界はこんなに美しいと知ることができました。
これはすべての悩みを払拭してくれることだと思いました。
今はまだまだ道の途中で揺れることもありますが、感無量です(^^)
苦しい宿題もありましたが、みなさんのご感想や体験を共有できたのは大きな励みでした

この鍛錬組での宿題は、人生で迷ったとき、困ったときに立ち還り、繰り返し行うことが出来るものですよね。
そしてきっと、その度に、その時に合った新たな気づきや学びがあるのだと思います。
私もこれからも、ずっと続けていこうと思います

今まで頭で考えて外からばかり情報を吸収しようとしすぎていた状態でしたが、身体を労ったり、どう感じるかを問いかける中で自分の内側を見つめることの大切さを知りました。
ある程度自分のことを知ったつもりでいたのに、全然わかってなかった!という気づきもありました。
この3ヶ月で自分の内側にある本当の声、日々生かせてもらえてる感謝など、普段生活していく中での意識の向け方がだいぶ変わったように思います。
ACの能力はまだまだですが、教わったことを今回限りと思わずこれからも続けて本当の自分の声を聞き、ACに活かしていきたいと思います!

自分で学びたいと意図していたACよりもずっと範疇の広い大きなことを知る最初の練習と学びをいただきました。
日々の生活の中で、ここの皆さんやテーマが心の持ちようをリフレッシュさせてくれ、大いなる支えとなりました。
これまでの宿題を、何度か行きつ戻りつ、回を重ねるごとに宿題どうしのつながりを感じたり新たな学びがあったり、楽しいです。
学ぶ度に、前後で目に入るこの世の物事が違って見えるのがすごいなと感じており、豊かな人生のためのツール(ドラクエのゲームなどでの道行きアイテム、のような)をいただいた感じです。本当に『有り』『難い』ことでしたm(_ _)m


この他にも多くの感想を頂きました。ありがとうございます
ACを深めることと、自分の内側を知ることは同じです。
自分の内をとことん見、その上で徐々に外へ目を向けるという内容の3ヵ月でした。

7/1は神戸で鍛錬組お疲れさまランチ会です。
終了後の皆さんから直にお話が聞けるのが楽しみです。

ACフォローアップセッションではこうした宿題を出す場合もあります。
対面のみのセッションですが、宿題をご希望の方は仰ってくださいね

保護から譲渡

Posted by 岩津麻佳 on 23.2018 4 comments
約半年前のこと。
なかなか保護できない子猫がいるという友人のメールで初めて見た白猫の女の子。
信頼できる友人ということと、白猫さんになぜかピンときたので、「大丈夫よ」と一言話しかけました。
この後自ら意を決して捕獲機に入った白猫さん。

後日、信頼する知人が白い猫を迎えるのが夢だと仰っていたのを思い出し、その白猫さんのことをお知らせしました。
ここからいろいろありましたが全てがまあるく納まり、先日その白猫さんはこの方の家族となったのです。

命名ステラちゃん 
20180521072907c4f.jpg

ステラちゃんにピンときたのは、ご縁を繋ぐお役目だったのでしょうか

保護主さんと里親さんと
20180520142959590.jpg

ピンとはきましたが、幾度にも渡るアニマルコミュニケーションとお見合いの同伴もをさせてもらいました。
実際に会ってお互いの相性と気持ちを確認することは大事です。
今回の里親さんのお宅に先住猫はいませんが、先住の動物がいる場合はそちらの相性と気持ちを尊重することも大切です。

今回はお互いが深い所で求め合った、決められていた強いご縁を感じました

ご縁に関わらせて頂きありがとうございます。いついつまでもお幸せに。

自分を客観視すること

Posted by 岩津麻佳 on 13.2018 0 comments
昨日のフォローアップ交流会でテーマになったことのひとつです。
自分を客観視する大切さ。一呼吸おいて自分を見る。

皆さんそれぞれの方法があるかと思います。
昨日話しながらこれいい!と思ったのは毎日一日の終わりに自分の顔の写真を撮る。
自分の内側の変化が一目でわかります。

私は自分のブログとインスタを見て客観視します。
ブログやインスタを開けた時のページから出ている私自身のエネルギー、感情。
一目でわかりやすく私には合っている方法です。

なぜ客観視するのかと言いますと、自分を知ることがアニマルコミュニケーションのステップアップに直結するから。
そして、自分らしく生きるためでもあります。

ぼくは自分のことよく知ってます
201804131049265dd.jpg
HOME 

プロフィール

セッションについて

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

ブログ記事内の単語検索

 

Copyright © Animal & spirit communication in KOBE All Rights Reserved.
Template by:MysticDiary