ハッピー君のお父さんより

Posted by 岩津麻佳 on 25.2014 4 comments
「猫を家族に迎えたい」という、動物を飼ったことのない60代の男性Yさんに保護主さんを紹介したのが半年前。
その方からお便りが届きました。

「寒くなりましたね。
 今日、11月22日で、ハッピーが私の家に来て、6カ月が過ぎました。ハッピーは、食欲もあり、とても元気です。
寒くなりましたが、毎日のように朝5時頃になると、私の枕元で鳴いて、私を起こしにかかります。
 岩津さんに頂いたグッズで、朝から遊んでいます。ひもが、かなり抜けました。他のグッズも爪後で一杯です。
2週間前のハッピーの家出には色々な感情が湧いて、ペットロスとはこのような感じなのかと、思いました。家出のときは、本当にありがとうございました。
 毎日、ハッピーに「ここに居て」と、話をしています。そして、玄関の開け閉めには注意しています。」

独身の男性には猫を譲渡しないという方もおられるのですが、私が入念にYさんをチェックし(実は中身をじっくり見ていました、すみませんYさん…)信用できる人と思ったので、保護活動をされている方を紹介しました。
運命の出会いのようなお見合いに、お互いを知るべくトライアル。両想いでしたね、Yさん。

呼ぶたびにしあわせになりますように!とYさんが願いを込めて命名された「ハッピー」
そのハッピー君は譲渡が決まった時に、「ここにいていいんですか?」とYさんに聞きました。
幼い頃にひとりぼっちで捨てられて、ひどく傷ついてたね。

2週間前に家出という大冒険をしましたが、「ハッピー君の言葉を思い出してください。」とお伝えし、長い長い3日間を経験されました。
大冒険を満喫し、ひょっこり帰宅。
戻ってきたら怒らないでくださいね!と念を押してお伝えしましたが、そんな心配は無用でした。
愛情いっぱいお互いの気持ちを確かめ合ったようです(*^_^*)
(きっと戻ってくると信じてはいましたが、事故だけが心配で心配でなりませんでした)

2人家族、いついつまでもお幸せに☆彡

※譲渡が決まった際に、お祝いのつもりでおもちゃを作りました。
おもちゃ作りは初めてだったので、ダイオウイカのようなかわいげのないものになりましたが、喜んで遊んでくれているようです。
2014_1122ハッピー2014-11-220005-1











Comment

フェリシモで岩津さんの記事拝見させてもらってました。
そっかと思うようなお話で岩津さん、お話できていいな~って
猫ちゃんがなぜ?と思わないような会話ってのが難しくて
でも毎日大好きだよってのは伝えてます。
2014.11.29 12:47 | URL | 十六夜 #suabI.cM[edit]
十六夜様、はじめまして。
フェリシモブログご覧いただき、ありがとうございます。
言葉と行動が伴っていれば、必ず愛情は通じますよ(=^・^=)
2014.11.29 19:47 | URL | 岩津麻佳 #-[edit]
こちらにコメントさせていただきます。
お顔つきも体つきも全然違いますね!
幸せ全開のかわいさ‼
お二人ともハッピーなんですね~。
にゃわい~。
2016.05.21 21:20 | URL | ちゃー #-[edit]
ちゃ~さん
ハッピー君、毛がとっても柔らかくてふわっふわなんです(=^・^=)
猫おじさんの溺愛ぶりとハッピー君のちょっと冷めた表情がまたよろし(笑)ですよね。
2016.05.22 10:46 | URL | 岩津麻佳 #-[edit]

Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

岩津麻佳

Author:岩津麻佳
神戸・六甲でアニマルコミュニケーションとスピリチュアルカウンセリング・ヒーリング

いわつあさかホームページ
フェリシモ猫部 岩津さんに聞く!

セッションについて

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

ブログ記事内の単語検索

 

Copyright © Animal communication & spiritual counseling in KOBE All Rights Reserved.
Template by:MysticDiary