前世の約束

Posted by 岩津麻佳 on 25.2015 0 comments
はるか昔のこと。
赤い大地の地平線に落ちていく、大きな赤い夕陽を見る兄妹。
「いつか必ず会える」と兄が言い、繋いだ手をぎゅっと握りしめる幼い妹。

その夜、部族の若い衆を見送る集会が開かれた。
見送られる兄の姿を唇をかみしめながら見つめる妹。「泣いてはだめ」と何度も心の中で繰り返す。
たき火の周りに仲間が集うとリーダーである兄は、「戦い抜こう!」と皆に言った。
そして兄たちは出発し、二度と戻ってこなかった。

時代は変わって現在のオーストラリア。
関西で生まれ育った女性(妹)は10年前に渡豪。そして、関東で生まれ育った男性(兄)は4年前に。
ひょんなことから二人は出会い、当たり前のように友人になった。
その女性が最も孤独を感じている時に彼は現れたそう。あの時と同じ赤い土の大地で約束通り兄は現れた。
二人は無事を確認するように絆を深め、そして再びそれぞれの人生を歩む。


これはオーストラリアで別々にセッションを受けたお二人の過去世でした。
女性は、元兄である男性を、「前世は弟だったと思うの。」とかわいくて仕方がないという風に言いました。
前世を見ようと思ってはいなかったのですが、セッション中にこんな過去が見え、二人の強い繋がりが分かったのです。
「約束通り会いに来た」というメッセージを伝えて欲しいという彼の魂の声でした。

そしてもう一つ見えたのが、すべてを捨てた人間の恐ろしさと悲しさ。
戦いの中、相手に向かっていく兄の姿が見えた時にはぞっとしました。そして、戦いはなんて辛いものなのだろうと。

ururu.jpg

Comment

Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

岩津麻佳

Author:岩津麻佳
神戸・六甲でアニマルコミュニケーションとスピリチュアルカウンセリング・ヒーリング

いわつあさかホームページ
フェリシモ猫部 岩津さんに聞く!

セッションについて

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

ブログ記事内の単語検索

 

Copyright © Animal communication & spiritual counseling in KOBE All Rights Reserved.
Template by:MysticDiary