お外で暮らす猫を家に迎えること

Posted by 岩津麻佳 on 09.2017 7 comments
仲良しの外猫をおうちに迎えたい人(エサやりしている方)がいるんだけどどうしたらいいでしょうかと知人を通して相談がありました。お話を伺っていると、その猫が好きで好きでたまらないという気持ちが伝わってきます。

捕獲機を使うのはなんだか違う気がするとも言われます。
私も同じように思いました。そして、私がその方と猫の間に入るのも違うとも思いました。

なぜなら、猫には気持ちと言葉は伝わります。そしてこの場合は猫の気持ちは行動ではっきりと読み取れます。
お迎えしたい方と猫のストレートなやりとりが必要なのです。

おうちに迎えたいという想いを猫に伝え、家に入ったらどういう生活になるかも伝え、猫がOKならキャリーか捕獲機(ごはんで釣らず自宅までキャリー代わりに使う)に入るので猫の意志と気持ちを尊重しませんか?とお伝えしました。
そしてこの一か月後に、無事お迎えができたと連絡を頂きました

良かった良かった。相思相愛、結ばれたのですね。
待つこと、個を尊重するのは時間を要します。相手を心底大切に思っているからこそできることです。
緊急性や時間に限りのない場合は、このように保護やお迎えができたらいいですね。

同じようなケースで「あなたは大好きだけど外で暮らすのが好きなの」と心苦しく大変申し訳なさそうに伝える猫さんもいました。十猫十色ですね。

近所のお友だち猫(あいさつする程度の仲)
201709091156374b4.jpg

Comment

やはり、直接会話しないといけないですよね。大事なお話ですものね。
2017.09.09 19:59 | URL | むぅ #-[edit]
やはり、直接会話しないといけないですよね。大事なお話ですものね。
2017.09.09 20:00 | URL | むぅ #-[edit]
むうさん

それがベストですが、やむを得ない場合などその時々で事情が変わるのでなかなか難しいですね。
2017.09.10 07:47 | URL | 岩津麻佳 #-[edit]
昔小学生のころおばあちゃんが亡くなった代わりに家に入ってきたような、御縁のあるとても思い入れのある子がたった3年で亡くなって(猫白血病)、数年もしてないうちに、母が通っていたスクールで道端のとある家の庭と倉庫にすみついてる親猫と子猫の話を聞いて。その話を聞いた私は母が「異常だった」というくらい、ほしい!!と執着して夜にその人の家までこっそり見に行ったのですが、たまたまその時家の人が帰ってきて、猫がほしいと伝えたところ倉庫にいた子猫たちの中から捕まえてくださった子の一匹が今家にいます。突全母猫から離してしまったことをほんとうに申し訳なく思っています。外が好きな元野良なのに家猫にしてしまったことも。倉庫で捕まったから、人が怖いのです。よその人がチャイムを鳴らすと逃げます。トラウマになったのだと思います。とても臆病です。来てくれて、ありがとう。一方的な気持ちで突然連れてきてしまってごめんなさいと伝えています。来てもらったからには、幸せにしたいです。猫さんと暮らすってなんなのだろうっていつも岩津さんのブログ見て考えています。(ねこさんというより新しい魂さんという視点なのでしょうか)自分を投影してしまったり、向き合い方になやみます。。
いつもありがとうございます。

2017.09.10 12:52 | URL | のの☆ #-[edit]
のの☆さん

のの☆さんのしあわせが猫さんのしあわせではないでしょうか('ω')
2017.09.11 17:56 | URL | 岩津麻佳 #-[edit]
ありがとうございます。
猫さん。。神様みたいや。。
2017.09.14 16:20 | URL | のの☆ #-[edit]
ののさん

ねこがみさまですね(=^・^=)
2017.09.14 20:20 | URL | 岩津麻佳 #-[edit]

Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

セッションについて

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

ブログ記事内の単語検索

 

Copyright © Animal communication & spiritual counseling in KOBE All Rights Reserved.
Template by:MysticDiary