FC2ブログ

We are the world

Posted by 岩津麻佳 on 09.2019 0 comments
We are the world, we are the children♪We are the ones who make a brighter day So lets start giving♪
ヤスミンを抱っこしてWe are the worldを歌う一日の終わりにしあわせを感じる今日この頃。

ひと月前からWe are the worldが聴こえるようになり、突然何?と思いましたが、令和の時代に向けての地球へのエールなのかしらと思い、体に心に染み込ませるべくみんなで歌っています。
ヤスミンもおしっぽふりふりご機嫌。

一部私の解釈で訳してみました。
『知らないふりをしたり、誰かがどこかで変えてくれるなんて他人任せな日々を送るのはもう終わりにしようよ。
私たちはみな神(愛)の一部であり家族なのだから。これが真実、本当はしってるよね?
愛こそが本当に私たちが必要としているもの。
私たちは世界とひとつ、私たちは神・愛の子供。私たちだけが輝ける明日を作り出せる。
だから与えること(与えることは受け入れること)を始めようよ。私たちの選択が全てを生み出すのだから。
まずは自分自身を救うことが真実の、現実の日々を作る。
まずはあなたとわたしから始めよう。
あなたが疲れ果てて希望が見えなくなってしまったとしても自分を信じていれば、愛を見失うことはない。
一緒に実現しようよ。私たちが手を取り合えばすべては実現する。』
なんてすばらしい曲なんでしょう 現実は自分の選択。
これを口ずさんで現実化します!(と宣言)

れ いせいのきわみ
い いつくしみ
わ わかちあう

↑は先日東京で開催された田中小梅さんのWSで習った「氏名は使命、神字」より、私が受け取った令和の神字です。

話はWe are the worldからころっと変わりますが、小梅さんのWSで学んだ波動の踏み絵(と私は読んでいますが正しくは何だったかな)、すごい威力を発してます。
例えば、「いわつあさかの肩こりを治す絵を描きます」と神・宇宙・天に伝えると、一瞬で完成した絵が見えたり、紙に光の線が見えます。光のなぞり絵みたいな。受け取り方は個々で違いますが、私はこんな感じ。
この絵を踏んだり敷いたりするとそこの部分が正常化するという神業の絵なのです。

カマンの目の炎症が治る絵を描いて、カマンのベッドの下にそっと忍ばせましたが、ベッドに入った途端飛び退いたカマン。
私も私用の絵をベッドの敷布団に敷いてみましたが、紙が燃えるように熱くなりベッドごと振動し始め神業治療開始。
暑すぎるしビリビリクッション状態のベッドでなかなか寝付けませんでした
カマンもきっとビリっときたのでしょう。数秒間紙を当てることには拒否がないので、続けていこうと思います。

6月13日の浦安でのおはなし会ではこの絵をみんなで練習したいと思います。希望される方には私の絵をプレゼントさせて貰います プレゼントってほどでもないですが。。
6月21日の名古屋水族館のイルカの会も同様です。こちらは練習する時間が取れないのでランチの時間に書き方をお伝えし、サンプルとして私が描いた絵をお持ち帰り頂けたらと思っています。

では、来月のおはなし会とイルカの会までに実験重ねま~す
痛い痛い痛い!とか、ゆらゆらふらふらにもなりながら実験に付き合ってくれている友人たちに感謝
痛い痛い痛い!は、場所によって急速に正常化するのかわかりませんが痛みがあるようです。せっかちな私の性格が絵に乱入してるのかな…

実験中の波動の絵
2019050908094877a.jpg
Category : 日々のこと

Comment

Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

ブログ記事内の単語検索

 

Copyright © Animal & spirit communication in KOBE All Rights Reserved.
Template by:MysticDiary