鞍馬遠足

Posted by 岩津麻佳 on 06.2015 0 comments
昨日はシドニー在住しほちゃん引率による「大人の遠足in鞍馬山」でした。ダイアモンドのようなきらっきらのエナジーで満ちている鞍馬。歩くほどに元気がみなぎってきます

IMG-20151005-03037.jpg


鞍馬寺には護法魔王尊、毘沙門天、千手観音の三人の神様が祀られており、このお三人で一体、宇宙をあらわしています。ちなみに護法魔王尊は金星からやってきたと言われており、美しい翼を持っているんですよ。天使とも言われています。

本堂の前に三角形があり、そこで皆さん祈ったりポーズを取ったりされていますが、三角形の意味をご存じですか?
なんと、「三人の神様」を表しているのです
本当は乗ってはいけないらしいのですが、鞍馬山の神様やお寺の方はそんな小さなことにこだわらず、「そこに乗ってその方が幸せを感じるのならいいんです」とのこと。お心が広いです。
鞍馬山自体がエナジーに満ちているので、この三角形が特に強いエナジー場ではありません。私も初めて行った時に前にならってここに立ちましたが、他の場所と違いをかんじませんでした。首を傾げ三角形を後に…

遠足ということで集合写真
12077262_10153780005704388_576438744_n.jpg


本堂の地下には三人の神様の木像が祀られています。ここでお三人からのメッセージを頂けました!ありがたい。

護法魔王尊さんより、視野を広く客観的に物事を見なさい。地に足をつけてしっかり歩いて行きなさい。 
メッセージを受け取る前に皆の頭を優しく撫でて下さいました。
一つの物事や事象をぎゅーっと見がちですが、一歩どころかもっと引いて物事を見るとその意味が分かる、ということかと私は解釈しました。

毘沙門天さんより、お腹(丹田)がゆるんでいる人、下を向いている人が多い。顔を上げなさい。喉と生殖器もゆるんでいる。顔を上げて丹田、喉、生殖器を引き締めると(意識する、大切に思う)体に軸ができ、大地・宇宙と繋がる。
ゆるむというのは「たるんでいると」いう意味かと思います。

千手観音さん、今日はありがとうございます。ここ(ハートに手を置き)を大切に。慈しむ心。両手を広げてご覧なさい。あなたの手の中に全てがある。あなたは全てを持っているのです。安心して、さあ行きなさい。

ありがたくてありがたくて胸がいっぱいです。そして温かいきもちで満ち、守って下さっているという安心感に包まれました。
最後にお三人から、「いつでも来なさい」と

本殿を後にしてお山へ入ると有名な木の根道や魔王殿があります。

木の根道で木とお話しするしほちゃん
IMG-20151005-03040.jpg


私も木とお話。「ずっと昔にあなたと同じようにお話ししに来てくれた女の子がいた」と言われ、その映像が見えました。女の子は小さな体で木に抱きつき、木のてっぺんを見上げてきらきらの笑顔です。
12077012_10153780006104388_350743060_n (1)


鞍馬で祀られている、護法魔王尊・毘沙門天・千手観音のお三人は、一人の人間そのものだと感じました。

三人一体で宇宙。私たち人間も、体・気持ち・魂を持つ生き物。そしてその体には数えきれない程の細胞、光、エナジーからなりたっています。この体の中に多くを抱え、この心の中に「全て」を兼ね備えた完全な一人です。
完全な宇宙(神様、創造主)を持つ一人の人間なのです。


次の遠足は来年一月の高野山です。高野山の冬は寒いですが、最も美しい季節です

Comment

Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

岩津麻佳

Author:岩津麻佳
神戸・六甲でアニマルコミュニケーションとスピリチュアルカウンセリング・ヒーリング

いわつあさかホームページ
フェリシモ猫部 岩津さんに聞く!
Facebook

セッションについて

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

ブログ記事内の単語検索

 

Copyright © Animal communication & spiritual counseling in KOBE All Rights Reserved.
Template by:MysticDiary