3/1 AC鍛錬コーススタート

Posted by 岩津麻佳 on 27.2018 2 comments
「さぼりがちになってしまうACの練習を脱するべくしばらくの間課題が欲しいです」というご要望からこの企画が立ち上がりました。

ACをより広く深く進めるためのLINE限定の3ヵ月鍛錬コースを試験的に3/1から始めます。
私から出す宿題をご自身で日々こつこつとして頂くという内容です。
ACの練習というよりは自己を見つめる、自己との対話という内容になるかと思います。

その宿題や成果についてグループ内のお仲間たちとシェアして志気を高めて下さいね
通知が非常に多くなることは間違いなく、グループ内の投稿時間は朝夜問いませんのでご了承ください。

鍛錬コースはAC講座でお伝えしたことの復習でもあります。
私への宿題のレポート提出は必要ありません。
3ヵ月でどんな変化があるかご自身で実感して頂けたらと思います。
3か月後には神戸開催となりますがお疲れさま&シェア会を考えております。こちらは自由参加です。

3か月後には正式なコースとしてメニューに加わるかもしれません。

参加ご希望の方は私にLINEメッセージ下さるか、参加されたお友だちから招待してもらってくださいね。
コースは試験的なものですので無料です。

参加お申し込み締め切りは3/1です。
皆さん、共に更に進みましょう

56名様の参加がありました。ありがとうございます!

20180227102305673.jpg

アニマルコミュニケーションを深める

Posted by 岩津麻佳 on 10.2018 10 comments
友人であるひよ爺親方のアニマルコミュニケーションについて書かれたブログがとてもわかりやすく、すばらしく思いましたので皆さんにシェアを→Love of Cat 猫たちからのギフト

記されている通り、誰にでもアニマルコミュニケーションはできます。
生まれつき話せる人も学んで思い出しそれを得る人も同じです。
違うのはこの後、と言いますか日々のあれこれなのです。ひよ爺親方が言う、精進・鍛練です。
講座でお伝えしている、「日々気に留めておいて頂きたいこと」がまさにこれで、得た後に大きく関わります。

どなたにも気軽にすばらしきアニマルコミュニケーションの世界を知って頂きたいので、最も大切なことだけをお伝えするシンプルな3時間の講座にしていますが、この3時間はスタートです。
もっともっと広く、深く、高く進むのであれば日々こつこつとあれこれを積み重ねるしかありません。
もちろん練習も。

私はまだまだ、まだまだこれから。もっともっと広く深くと常々思っていますので、日々のあれこれの課題は尽きることがありません。
そして、私の日々あれこれをこつこつは、努力、忍耐、頑張りという言葉はしっくりきません。
ただ黙々と「ちゃんとする」こと。何をちゃんとか、これは人によって細かくは違いますが、大まかには自分と向き合うこと。
内を見て己を知ること、そして受け入れることです。

セッションメニューには出していませんが、アニマルコミュニケーションをもっと広く深く進みたい方のセッションもしております。
今最も必要なことをずばり申し上げるので、厳しかったり辛かったりすることもあります。
どんなセッションも全身全霊ですが、アニマルコミュニケーションをもっと進めたいという方に対してはお仲間としてその時に私が伝えられることをすべて本気で(容赦なく…)お伝えします お仲間が増えるのは嬉しい♪

難しいこと書きましたが、アニマルコミュニケーションはより人生が豊かになり、より世界が広がる楽しいものです。
決して難しいことはなく、すべてがシンプル

容赦なくだって。おーこわっ!
20180210180733b01.jpg

写真で繋がる

Posted by 岩津麻佳 on 30.2017 11 comments
闘病中の飼い主さんを、広いおうちで一人で待つ猫さんとお話をしました。

「僕の写真を病室に置いてほしいんだ。置いてくれたら病室でも守れる。励ますこともできる。」と猫さん。
次の日さっそく猫さんの写真を置いて頂けたようで、飼い主さんは猫さんと繋がったのがお分かりになったそうです

db5f466ef641aedade26f6d5f9351c27--wood-art-black-cats.jpg

アニマルコミュニケーション受講者さんのLINEグループ

Posted by 岩津麻佳 on 10.2017 1 comments
アニマルコミュニケーション受講者さんの交流を目的としたLINEグループを作りました
20171010112216c07.png

Facebookで交流ページを作っていたのですが、FacebookよりLINEを利用されている人の方が圧倒的に多いので、Facebookページは終了しLINEに移行しました。
Facebookでグループに入ってくださっていた皆さん、ありがとうございました。

LINEグループは通知が多くなってしまうのが難点ですが、それでもOKという方はぜひご参加ください。入会後の通知オフ、退会はご遠慮なく

練習相手探し、練習会・交流会の企画、意見交換、情報交換等々に使ってくださいね。
すべてはアニマルコミュニケーションの向上の為です。

グループに参加希望の方は、すでにグループに入っている方に招待して頂くか、私までメールでLINEのIDかバーコードをお送りください。(AC講座受講済みの方のみです)

みんなで楽しんで進みましょう

お外で暮らす猫を家に迎えること

Posted by 岩津麻佳 on 09.2017 7 comments
仲良しの外猫をおうちに迎えたい人(エサやりしている方)がいるんだけどどうしたらいいでしょうかと知人を通して相談がありました。お話を伺っていると、その猫が好きで好きでたまらないという気持ちが伝わってきます。

捕獲機を使うのはなんだか違う気がするとも言われます。
私も同じように思いました。そして、私がその方と猫の間に入るのも違うとも思いました。

なぜなら、猫には気持ちと言葉は伝わります。そしてこの場合は猫の気持ちは行動ではっきりと読み取れます。
お迎えしたい方と猫のストレートなやりとりが必要なのです。

おうちに迎えたいという想いを猫に伝え、家に入ったらどういう生活になるかも伝え、猫がOKならキャリーか捕獲機(ごはんで釣らず自宅までキャリー代わりに使う)に入るので猫の意志と気持ちを尊重しませんか?とお伝えしました。
そしてこの一か月後に、無事お迎えができたと連絡を頂きました

良かった良かった。相思相愛、結ばれたのですね。
待つこと、個を尊重するのは時間を要します。相手を心底大切に思っているからこそできることです。
緊急性や時間に限りのない場合は、このように保護やお迎えができたらいいですね。

同じようなケースで「あなたは大好きだけど外で暮らすのが好きなの」と心苦しく大変申し訳なさそうに伝える猫さんもいました。十猫十色ですね。

近所のお友だち猫(あいさつする程度の仲)
201709091156374b4.jpg
HOME 

プロフィール

セッションについて

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

ブログ記事内の単語検索

 

Copyright © Animal & spirit communication in KOBE All Rights Reserved.
Template by:MysticDiary